エステの施術の痛みについて

マッサージ

エステサロンには様々なダイエットプログラムがありますが、そもそも痩身エステって痛いのかな?と不安に思っている人も多いと思います。

 

痩身エステでよく行われているリンパマッサージや真皮層に働きかけるようなハンドマッサージは痛くないものが多いのに対して、脂肪燃焼などを目的としたマッサージには少し痛いものもあります。
リンパや真皮層は強い刺激を与えると潰れてしまい、正常に働かなくなることが多いので、優しくマッサージをする必要がありますが、脂肪燃焼マッサージはセルライト除去や脂肪細胞を揉み潰したり燃焼させたりすることを目的としていて力を加えることがあります。

 

また機械を使った痩身プログラムでよく使用されるキャビテーションですが、キャビテーションは痛みを伴わない脂肪吸引と言われるくらい痛みがないのが特徴です。
特殊な機械を使って超音波を発生させ、その超音波が脂肪を破壊することで痩身効果が得られるもので、超音波は私たちが感じ取れないほどの振動なのでほぼ無痛です。
機械を使った痩身プログラムでキャビテーションと同じくらい人気のあるEMSマシンでは、高周波の電気を筋肉に当てることで筋肉を強制的に鍛えていくものになるので、人によってはそのピリピリとした電気の刺激を痛く感じることもあるようです。
しかし、EMSは電気の強さを調整できるので、微弱な刺激にすることができ痛みを感じない程度に抑えられます。

 

エステで行われている痩身技術は肌への負担も考えられているので基本的に痛くないように設定されているのですが、エステティシャンの力加減や受ける人の感じ方によっては痛い事もあるんですよね…。
痛いのか痛くないのかは、事前にエステ体験レポートなどをチェックして調べても、受ける感覚もエステティシャンの技量も違うので痩身エステ初心者の人は、エステティックTBCなどの体験価格が3000円のような手軽な体験コースを試して痛く感じない痩身プログラムを見つけることをおすすめします。